スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとのフリみてわがフリ

2012-08-24-Fri-22:59

新潟に三日間、ちょいと用事を足しに行ってきました=w=♪


噂には聞いてたことですが…高齢化を実感。

カゴや冷蔵庫に入っている商品を真剣に見つめるおばあさん。
商品を見ながらでも足だけは止まらない。正面の人と激突。

朝昼晩、店員はおばあさん。

日常的な光景かもしれないけど、めだって感じました。


あと、お土産で困りました。

新潟といえば、コメですね!日本酒もおいしい!
と言うか、食べ物がおいしい!

ただし…!

食べ物以外のお土産となるととたんに値段が跳ね上がります。

銀食器だからです。
学生がお土産として買えるレベルではないww

で、結局、柿の種にしてみました。元祖柿の種は新潟県らすぃ

他にもあるんだけど、
この時期にチョコ、和菓子系、生菓子系、海鮮モノは厳しい=w=;
持って買えるまでに大惨事。


あと、JR新潟駅はキャリーバッグを引いている人がおおい!
そして、人に道を尋ねても「地元じゃないですが…多分○○です。」みたいな…!
その辺の人は頼れません!

まぁでも、この駅って新幹線・JR・空港からのリムジンバスがあるから、
地元じゃない人達が集まるのも当然かも。


他にも
イトーヨーカドーの看板がいまだに赤と青とハトみたいなロゴだったり、
ドブが超深かったり、
リムジンバスの到着時「おまちどおさまでした」とアナウンスしてたり、
マンションの上に貯水タンクがあったり、
かわら屋根の家がわりとあったり、

細かいところに目を向ければ、うちの住んでいる場所とは違う所が
そこそこあったかな。





飛行機で新潟に行きました。
飛行機に乗ると気圧の関係で耳が痛くなるよね!
鼓膜がぱっつんぱっつんになるよ!

そこで

飛行機用の耳栓をかいました!!!

使って見たところ、耳抜きが簡単にできるようになる感じです!
行きは素の耳で、帰りは耳栓装備して比べましたが、付けたほうがいい!

やっぱちがいますね、800円の耳栓はwwwww


飛行機に乗る前に一度つけて感触を確かめておくことをおすすめします
結構グリグリ中に入ります。鼓膜にぶつかるのではないかと不安になります。

練習したほうがいいです


スポンサーサイト

マネーの壁

2012-08-05-Sun-00:25

ここの所、うにさんのブログしか見てないやヽ(`◇´)/


新しくノヴァという職業区分ができたり、
エンジェリックバスターなんていう話題性のありそうな職業が実装予定だったり


一通りいじってみたい!!


戦国時代ではハヤトがでたので、キャラだけ作っておいておきます
カンナも同じようにする予定。



それはそうと、
きのこのエフェクトが派手になってきました( ̄△ ̄;)
良い事なんですが、うちのPCだともうきちぃ。

居間のPCならいけるけど、うちが使っているオフィス用のこのPCだと
もう完全に無理です。インはできるけど、静かなところ…

例えば温泉とか、サウナとか、そーいう所でチャットがギリできるくらいかな?


オフィスのバージョンも古いのでPCの買い替えを予定していますが
そんなことはまだまだ先になりそう


PC買い換えたらきのこやろうとおもう!!ヽ(`◇´)/


結局ぶちあたるのはマネーの壁だったね!!!





さて、教員採用試験のシーズンが現在進行中です!!

このブログを見る人は教職関係のひとはいないだろう…
そう思って好きな事を書いています( ̄Д ̄;;

教員採用試験は
1次試験と二次試験に分かれていて

1次試験が、教育の歴史的な人物の言葉とか、文部科学省が出してる本から出題
されたりとか、心理学がでたりだとか、あと受験勉強的なやつ!
それプラス個人面接などなどがあり

2次試験は適性検査(心理テスト)と指導法とかリスニングとか、
それプラス集団討論がある


1次試験は通って当然で、2次試験で「本気の30人」と勝負するものだと
思っています( ´△`)


ただ、私の友達なんかが落ちているのを見ると1次試験も厳しいものなのか
と思わされます。あの人たちもそこそこ勉強していたとは思うんだけどなぁ。
ただ、自己管理ができていなかったのだろうと思う=w=;

なんて思いながらも、飲み会に誘い励ましておきました。
学習指導要領の読み込みが足りなかったとかぼやいていました。
(99%出題されるところを詰めないなんて…ありえない…。)


ちなみに、
うちは2月中まるまる教員採用試験の勉強だけを
これ以上ない本気でしていた

効率的な勉強方法で参考になったのは学習意欲や学力!!

児童生徒の学習意欲や学力を引き出させる事を考えるとき、どうしても
メタ認知・学習方略あたりの知識が必要になるので、それを
自分で実験して勉強の成果を確かめていました。結果は成功です。

ただ、これ以上に効率的な心理学的根拠に基く勉強方を知らないので、
効率はこれ以上上がらないと思うと、少し寂しいです。

あ、勿論、記憶についても7+-2チャンクとかありますが、
実践的ではない気がして、このへんは無視した!!



一応、勉強会も主宰しているので、勉強方法は共有できているはず。
というか同じ勉強をしてきたはず。やる気の問題でしょうか。
でも、院試の片手間に受けた1次だったし、やる気は友達の方が
高かったかもしれない。将来に対する問題意識の違いでしょうか。

次は3年生を受からせるために勉強会を主宰するので、
このへんはハッキリさせておきたい感じはします。



採用試験2次は集団討論がメインですが、テーマは様々です。

ただ、日頃から勉強していればどんな問題が来ても大丈夫なので
メインにしてベリーイージな試験になっています。

でも、まともな討論が出来る人はほとんどいません。

例えば「いじめの現状と対策」というテーマでは、
いじめの構造について話す人がいました。

被害者・加害者の視点しか持てない人は教職失格です。
被害者・加害者・観衆・傍観者まで持てれば一応勉強したうちに入ります。
ただ、黙認=肯定という考え方を持ち出して、
見て見ぬふりををする人は加害者と同じだ!と言うのは微妙。
実はとっくの昔に破られている考え方なんだよね。
まぁ、これを正しいと考えて、この理論から何か考える人もいる。


つまり、いじめの構造について話し始めるとかなり専門的に勉強してないと
議論にまったくならないというわけです。
そもそもこのテーマは現状ですから、現状をすり合わせて
対策を考えるべきテーマです。


国語の教師は国語に興味があるので、国語の勉強をします。
うちは古典が専門なので、「をば」なんていう言葉ひとつについても
かなり細かく話せます。辞書には負けません。

しかし、これは国語に向き合っている、つまり、自分の興味に向き合っている、
さらに言えば、自分と向き合っているにすぎません。

いじめ問題などはそれ以上に向き合う必要がある問題なので、
うちはクラスルームマネジメントについて研究をしています。


要するに、教師を目指しているんだから専門的な勉強は必要でかつ
勉強していてあたりまえなんだから、簡単な議論程度は出来るように
しておくのが教員採用試験を受ける前提ということです。


虫にさされたので寝ます。


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。