スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問1:問題提起せよ。

2012-03-27-Tue-21:57

最近は、最低でも週1できのこにINしてると思う!

そしてこれが…だんだんと5日に1度となり云々。

結局、ほぼ毎日インするよ!→夜は必ずいるよ!→常にいるよ!


…あれっ。 となるわけですねヽ(`◇´)/


自制心、自制心…。ε-(;ーωーA フゥ…


インしても狩りをする気はあまりおこらなくて、書の整理とフリマ回りしかしてない。

INT装備つくろう!と思い立って情報収集しているけど…普通に強化しても同じらしい!
知力書を買い集めて、強化して、普通に遊ぶのが良いのかい!そうなんだね!!


てことで、装備品集めなくてはいけませんね!(めんど…。)


本格的な始動はいつになることやらー。



ということで!
たいして活動できていない、きのこの話題はこれくらいしかありません( ̄Д ̄;;




題名に書いた「問1:問題提起せよ。」というは、個人的には難問です。
問1がクリアできれば、問2、問3とクリアできると思うんだ。

でも、この問1がとても厄介だ。


この答えに近づくツールは、「壁」だと思う。
「壁」にぶつかるためには、ある領域をとことん深める必要があるよね。

でも、ただ深めればいいってわけでもなくて、
「深めたけどダメだった」という状態(=「壁」にぶつかった)まで行かないと、意味が無い。


ここでもうひとつ重要なツールがあって、それが「体系性」だ。

深める対象はあくまで領域で、点じゃない。

点だけ深めて壁にぶつかっても、すぐそばにある点を深めることで、
解決できる(=「壁」を越えることができる)かもしれないよね!

だから、領域として深める必要があるとおもうんだ。


領域として深めて行ったときに「壁」にぶつかる。
そのときに何が欲しいんだろう。何が足りなくて、その壁を越えられないんだろう。
多分それは、未知の点で、必ずしもひとつじゃない。


n個の点が必要であることを発見して、点を深めて、領域と統合して、問題を解決する。



それはきっと、とても面白いことだと思うんだ。


スポンサーサイト

男もすなる合成といふものを、女もしてみむとて、してみた!!

2012-03-23-Fri-01:31
たまたま、きのこにインできたので、更新します!!
毎日更新は正直出来ないよ!できるときにするのだあはんw



さてさて、「装備合成」たるものをちょいーと、やってみたい年頃に差し掛かりました。
なにやら、補正+20までいけるようではありませんか!!ありがたやーありがたやー!


まず、聖のみならず、魔法使い全般に言えることだと思いますが、
えむぴー(MP)、コレたいせつネ。


そこで考えることはまず、INT装備!やはりここから逃れる事は出来ません。


さて、INTを稼ぐ…別に難しいことじゃありません。簡単です。。。
そう…”定期的にやっている人”にとってみたら、造作もない事よ。


しっかしです!うちはイチからスタート!!

INT装備?ありません。(前に売った)
書?ありません。(メカのせいで、攻撃書ばかり集めてたからね!)


今もっているものは、片手斧・片手鈍器の攻撃書60%が100枚…イラネ


この、状況なので、装備合成をドドンと活用して、バシッとINT20つくって、
バキバキッとレベル100にして、モサッと高MPゲットです。
(こち亀でこういうエンディングあったよね。所ジョージが歌ってるやつ。…デベデベッ!)



さて、早速やりました。


杖書を買い、ウッドワンドに貼ります。

60%書なので、2枚買えば、書が光り輝いて、武器に貼り付き、
ウッドワンドが強化されるであろう・・・。→4連ミス!ヽ(`◇´)/うわあ


ちょっとショックでした・・・。幸先良くいけるとおもいました。

いやいいんですよ…どうせ…メイポンでブリザードMBとかいうわけわかんないもの
ひきましたから…。(≡д≡) ガーン

ε-(ーдー)ハァ


とにかく気を取り直して、+1強化をして、ためしに合成


まああああ、①INT+1魔力+2 ②INT+1魔力+2 の素材です。


期待できるじゃないですか…合成ですよ!!合わせる。そして成る。


錬金術師きき。4級です。


回転します。ききが回転します。


4級が回転します!!


いざっ・・・(SSないorz)


→完成! INT+1魔力+3! む、おかしい、


そのまんま加算されるんじゃないのかああああああ!orz
なんてこったあぁ!


そしてブログをあさります!
アイテム結晶と混ぜなきゃいけないみたいじゃないですか!
100%加算するわけでもないんですね!

大変だorz



( ´△`)アァ-


だいぶ放置してしまいました…。

2012-03-22-Thu-01:17

お久しぶりです…!!

かなり長い間、放置していました( ̄Д ̄;;
生きてます、生きてますよおぉ!!

「そういあ、こんなブログあったよなぁ~」とかなんとか思って、
ブログを覗きに来た人のため…、少し長めに書くね!!



もちろん…きのこ活動は絶賛停止中!ヽ(`◇´)/うわあー

ハッキリとした停止の理由はないんだけど・・・。なんでだろうね・・・。

きのこが凄くやりたい!という時期と、凄く飽きたー!という時期を
長いスパンで繰り返しているみたいなんだ。

長い、というのは、3~6ヶ月で、年単位の場合もある…[壁]д・)ノチラ


今まできのこでずーっと遊んできたけど、生活の一部だー!とまではならないみたい。
生活の一部とまで言わなくても、遊び続けられればそれでいいと思うけど、
そういうこともできない…必ず飽きる…。

昔も今も、変わらず有名であり続けている、名物ブロガーさん達は、
きのことブログで上手に遊んでいるみたいで、とてもうらやましいです。


活動停止した時期は、ちょうどファミリアの能力が固定ではなくなった時期だ。

あれから色々かわったみたい。


また、再開するとしたら、ほとんどイチからスタート状態…なのかな。
でも、イチからスタート状態じゃないと、遊び続けられないのでちょうどいい。
いまにみてろーっ!(どこへいく)


再開するとして、何の職をやるのか…。これがまた問題だ。


と言いながらもう決めていて、聖魔をもう一度やりたいです。


きのこはじめた頃、幹部Aにとても苦労させられて、何回も墓作られた。
聖が狩れる相手は、クロノスとレイスしかいなくて、少しレベル上がってゾンビ。
ゾンビへは行くだけでも大変でした。

ルディにいけるようになって、ようやくデスマリオ、MDMを狩り、
超絶赤字狩りのGPW。


過去の思いでは美化されるものです。

ただ、もう一度、聖魔で、HPにヒーヒー言いながら、遊んでみたい。


メカニックでシグナスMAP(PTゾーン)行った時、HP足りなくて大変だったけど、
そういう、追いつこうと思わないと追いつけない状態に在りたい。


誰かと狩りしないと、まともに狩りができない職業。

それが良い。




さて、話を変えて、リアの話題へ。

今年で大学生活最後なわけです。

学部は文学部、一応道内では上位の大学ですが、たまたま受けて受かった大学なので、
大学自体にはなんの思いいれもありません。はやく進学したいと思っています。

文学になんて何の興味もありません。
ただ、おもしろいとは思います。勉強していて楽しいです。

ただその楽しさは、その辺の人が「相対性理論!」なんてしゃべって、口当たり良く、
いかにもインテリ感漂う単語を並べて気分良くなる程度のものです。

相対性理論=時間旅行の理論だ!なんていっちゃうくらい、何もわかってない。


単位は取っても、おもしろいだけで、何の役にも立ちません。
何の役にも立たないことは、興味がないと勉強できません。
文学に興味はないので、これ以上勉強する気はありません。

社会にとって文学が役に立たない、と言いたいわけではありません。
自分自身にとって、ということです。

うちにとって、役に立たなくても、誰かにとっては大切かもしれません。
なので、文学をバカにしているわけでも決してありません。

誰かの役に立つ学問であることは間違いなく、それは大変に価値があり、
伝統や文化として受け継いでいくべきものだと思います。


うちは、教養として知っていればいいと思うだけで、学問としてやる気は
結局、3年かけても起きなかった。

これは、不幸なことだと思います。

ただその一方、学問として研究したい分野もあるので、今後はそちらを深めたいです。


と、すこし根暗な話をしてしまいました( ̄Д ̄;;


アルバイトの話もします!

うちがアルバイトしてる先の塾は、今年…。
中学三年生が全員、公立の高校に受かりました!


公立と聞くと、東京あたりの人にとっては感覚が違うと思いますので、説明を。

北海道で私立の高校と言うと、チャラい、というイメージがあります。
そして、偏差値が低いです。誰でも入ります。正直、受け皿です。

北海道では公立の高校がみんなの目標です。
東西南北という4つの高偏差値の高校があります。

特に南高はとても難しいです。

何が言いたいのか…それは、皆が目標とする高校に合格したということです。

大変嬉しいことでした。


うちが見た高校3年生もみんな第一志望の大学へ行きました。
皆、本当に嬉しそうで、「受けたら受かった大学へ行った」うちは引け目を感じますw


行きたい所へ行って、やりたいことができる、これはたいへんにシアワセなことです。


高校2年生は自分の将来について考えた時、不安を感じてしまう人が約半数います。
一度は自分の将来について考えてみる。考えれば考えるほど、不安になってしまう。
それが今の社会です。

自分が今勉強していることは、将来何の役に立つのかわからない。
たいして面白いとも思えないし、できるとも思えない。漠然とした不安を覚えています。


子ども達は、生活のほとんどを学校で、勉強して過ごします。
そんな思いを抱えながら。

教師は、教科の面白さを必死になって伝えようとします。
伝わりません。

そんな不幸の螺旋の中で、目標とする高校や大学へ行けた。
目標があって、好きなこともあって、行きたい所へいけた。

シアワセそうでなによりです。


教育の世界は変わらなければいけません。
地域社会・企業・家庭・学校が教育を担うんだと、再認識しなければ、変わりません。

いま、学習指導要領が改定され、「生きる力」を育むことが必要だと言われています。
しかし、学習指導要領の始まりからいままでを眺めると、いまの学習指導要領は
ちょうど過渡期にあるように思えてなりません。

次、平成30年以降になりますが、次改訂された学習指導要領で、およそ教育への認識がかわるはず。


そこにもりこむべき内容とはなんなのでしょうか。

ライフスキル教育がひとつのキーとなるような気がします。
自己肯定感に基づいた取捨選択。
自分の本心に沿って、後悔しない取捨選択できる能力が大切になるかもしれません。

また、キャリア教育がどんどん進んで、机上とリアルがつながることでしょう。
そうなったら次に見えてくるものは何なのでしょうか。

とても興味深いと思いませんか。



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。