スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのこの波。

2012-09-18-Tue-17:07

さて、このブログは「メカニック」等でHitするようです。

以前は確かにメカニックの情報の整理には力を入れました…。
しかし、メカニックのブログではありません( ̄Д ̄;;

今となっては情報も古いので、使えないでしょう。
既にメーカーが存在しませんからね…。

まだメカニックメインで動いてはいますが気持ちは常に聖魔です。

こう見えて、ヘブンズドアにテンソンMAXになっています=w=!





最近きのこをやっていると、
達成感が無いゲームだな、と感じるようになりました。

エリアボスに達成感を得る人はいないでしょうし…。

カオスジャクム等を倒して自己肯定感や有能感を得る人は多そうですが、
達成感とは少し違うように思います。

私自身もそうなのですが、強化に成功してもあんまりだし…
レベル200にはたいして価値を見出せないし…

(-ω-;)ウーン


他のゲームだと、いわゆる「マラソン」や「バイト」で
回復薬や補助アイテムを量産して、やたら強いボスを倒したり、
凄く面倒なダンジョンを攻略したりします。

きのこの場合、白の書集めが「マラソン」に当たるでしょう。

集めても集めても、達成するべき目標がどこにも見当たらないのです。
「後で役に立つだろう」と、これだけでマラソンしてます。

確実に後で役には立つので正解ですが、
1時間とかそういう単位のマラソンじゃない。

1日、1週間といった単位のマラソンです。
きちぃ…( ̄Д ̄;;

オンラインゲームに入り浸っている人には普通なことですけど…
割と異常なレベルの時間がかかりますよね。

だからオンゲの強さとリア生活は反比例するわけです。

良く聞きますよね、
画面の向こうには清潔感だけには気を使う根暗なガリがいる。
もしくは顔つきが緩んでいる会話の下手な小太り。
(典型的なイメージです!)

小学生や中学生が夏厨なんて呼ばれて痛い発言している方が
よっぽど美しく感じられるのは私だけじゃないはず。





さて、話がそれましたが、そんな中での達成感って一体何なのでしょうか?
縛りプレイをしなくても達成感は生まれるのでしょうか。

逆に何でもアリでプレイすると面白いんでしょうか…

もしかすると、私のように
人より強くなろうといった「上に立ちたい志向」が全く無い人には
不向きなのかもしれません…オンラインゲームは…pq


それとも、達成を分かち合えないのが原因なのでしょうか。

レベル150に3日でなったよ、と言っても

①さすが廃…
②2日で200いける時代だし、まぁ普通でしょ
③私は2日でいけたよ!

こういう分かち合えない状況、とても面白くありません。


友を呼んで混沌強化祭をするのが一番盛り上がりそうですね。


Σ(T▽T;)

スポンサーサイト

混沌強化。どんな人がゲーマー?

2012-09-17-Mon-07:33

さて、前回用意したAイヤの強化は全て失敗。

ついでに140防具も強化しましたが全て失敗しました。


混沌連続失敗012915


本当は強化する気はあまりありませんでした@w@…
ただ、長年の友、かぼすさんと鉢合わせ。
それで気が変わって混沌強化開始。

混沌5連失敗→1枚成功Aマイナス→混沌失敗
という感じで、成功率60%とは思えないほど張り付きませんでした…。

かぼすさんに貼ってもらうも、A消滅。

完璧に運がありませんでした。


買ったほうが安いという結論に達したのでこの日は終了。



さて、本物のゲーマーとは、
気になった事を全て試して見ることができる人、だと最近は思っています。

犠牲や損失は付き物ですが、同じ事を二回行わないので、
実質、損失は少ないのです。

「良いと思った事」と「やってみないと分からない事」の価値が同じ。

「これは駄目だろうな」と思って
「やる」のがゲーマー、「やらない」のが素人

徹底的に情報収集して効率を追及するのも良いですが、
課題解決を他人に任せるという最も効率の悪いことをしているのです。


一見すると「今の時代、そんな必要はない」なんて思われます。

しかし、自分でやることによって
「スキーマ(ここでは判断基準程度の意味)」が鍛えられます。

この判断基準の形成に成功した人がゲーマーであり、
そのゲームを知っている人と言う事が出来ると思っています。



私は勿論にわかゲーマーですが、ようやく混沌強化体験ができたので、
一歩前進といった感じです。

もうしばらく、変な内容の記事が続きます=w=。


8の失敗と2の成功。Aイヤの強化。追記は受験記。

2012-09-16-Sun-04:30

さて、モミジ拾いも飽きてきました…。
だってね、400枚超えないんだよ…。もーむりさ…。
さっさと白の書100枚にしてやるわ!


と、こんな感じで、完璧ソロ活動中・w・
今日は7時間放置してただけだけどね!しかも、ただの放置!



昨年の8周年イベントでGETした書があります。

コレです↓

イヤリング沢山闇


懐かしいです。

アクセサリに攻撃力を付加できる書は少ないはず。
きっとこの書はレアだ!!

ウキウキしながら貼っています。



素材記念撮影


もともと30枚くらいしか持ってなかったから、
イヤリングは6個できる予定でございます。
今の所、5個か6個なんだよね。書は残り数枚。3枚だったかな…?

ちなみに、OP3とかエピとかのイヤリングを
昨年から期待値分集めていた!それに貼っているのですあはんw
(アイテム集めて書を貼って破壊するのが好きなのですpq)


てか今の時代、この強化品の需要はあるのでしょうか=w=;

+30 +40 +50といった強化品が出回っているので…
(実際には出回っているように感じているだけで、
良く目にするという程度だったりしますが!)

うーん、微妙。

どっこいな気もするから、
どっちを持っていても良い!と言う事で・w・!



さて、倉庫に140装備が見えるのがおわかりでしょうか。
武器は買わないので、欲しいのはマントです!

夢の欠片…ひとつ12m前後で見た!
これ200個必要なんですけど…厳しい。
でも、欲しい…。

稼ぐしかないのかぁ@w@だるいわぁ
1年くらいかけて手に入れましょう…。


400の壁。ただコインは順調に…。

2012-09-14-Fri-09:21

さてさて…

397

400超えない…。


これでも段々と拾うのに慣れてきて、
どのキャラでの350枚は超えるようになった!

でも400枚は超えられない;w;


コインは手持ちで900枚超えたところ!
だいぶ前に白の書10枚交換しちゃったから、それ含めると1000枚超えたのか。

やりはじめたのが先週の土曜日だから、ペース的には悪くないかな…。

白の書500枚は諦めてる。100枚が最低ライン。
確立的には良くて5枚で1UGだからUG20分だ
(そんなうまくは絶対にいかないだろう…)

合成品強化するなら全く足りてないけど!!強化したい所はない…
アイテム集めるのが面白いだけだったりするwww

コインはとりあえず白の書に全て変えておけばいいや・w・



「募集」の罠。ギルド募集条件の分析。

2012-09-10-Mon-14:40

さて、自分のブログ(秘密の保健室)を検索してみました。

検索ワードは「メイプルストーリー ギルド すもも」です。
結果、1位ではありませんでしたが、登録件数はそこそこありました。
(同じサイトが並ぶのは見ていて良い気分ではありません。)

「メイプルストーリー ギルド」でも検索してみました。
しかし、こちらはヒットせず。

記事のタイトルに「募集」とあるブログサイトが上位を占めている状況です。


個人的な印象ですが、「募集」という言葉の裏を探ってみたいと思います。

この「募集」というワードの回りには、「イン率・加入希望・仲間・状況」等
もしくは「作成」等がちらばっています。

「作成」はギルド経営を考えている人のための言葉なので、
ここでは無視することにします。

そこで、「イン率・加入希望・仲間・状況」をフィルターと捉えて考えをすすめます。


まず「イン率」ですが、これは基本的には「インしている日数」を指します。
しかし、その裏に時間帯・継続接続時間が隠れています。
これを満たすためには、実生活の生活時間帯が一致していなければなりません。
つまり、職業や身分が一致している又は自由時間の一部が重なるということです。

「イン率」を募集用件とするなら、自然と似たもの同士になります。
もっと単純に言うなら、
「毎回顔を合わせられる」ことが募集条件のひとつになっています。


「加入希望」は希望者を募っている言葉です。
受け入れる側と受け入れられる側に分かれる事を意味しています。
これは、上下関係を固定化させる制度です。

ただ、上下関係は必ず存在します。
ここで問題なのは上下関係の固定化です。
何をするにも「お伺い」か「承認」等が必要となります。


「仲間」は集団内の人間関係を指します。
概念が捉えにくいので、あえて逆の意味から考えをはじめます。

一人一人にひとつの役割(機能)を与え、
役割として交流する集団を「機能的集団」と言います。
利益や目標の効率的な達成を追求する集団です。
これに対して「共同体的集団」というものがあります。
感情的な交流を主とし、利益を追求しない集団です。

ギルドの性質によって「仲間」という人間関係は変化します。
ただ、このゲームでは後者を示すことが多いようです。

しかしそれは募集時の話で、実際の活動内容は効率を追求する傾向にあります。

チャットが好きで、効率の追求にも興味がある。
これを両立させるのは、人間の性質と経済力と火力と情報力が必要です。
一般的に、火力と経済力を合わせ持った人を強い人と言います。

性格の良い強い人を理想とした募集用件と言えます。


「状況」はギルドの活動状況の事です。
ほとんどの場合、機能していないので考察する意味がありません。




さて、全ての条件に当てはまる人は今すぐコメント欄に加入希望のコメントを
していただきたいです。





そんな人いませんね。いたとしてもそれを求めるのはいささか傲慢と言えます。
募集条件だけ並べて「さぁ!はいってくれ!」と言っているだけです。

メイプルストーリーのギルドなんてそんなもんです。


「自分に都合の良い強い人を囲い込みたい。」
ギルドの機能は「囲い込み機能」なんですよね。

だから基本的に脱退はしにくいはずです。
その日の気分で脱退できるギルドはありません。
それはギルドの魅力(引力)不足を補う最後の手段だからです。


じゃあ、理想のギルドって一体どんなギルドなんだろう。
良いギルドを作るための募集条件・制度の整備・活動内容
なにをすればいいんだろうか。

これは課題ですね。

超流動的な人間関係を制御できれば、魅力は高まると思います。
そのうち記事にします。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。